「市街化調整区域の土地」ホームへ > 農地転用の許可手続き

農地転用の許可手続き

農地転用(のうちてんよう)とは、農地を農地以外の目的に転用することを言います。
市街化区域内の農地は届出だけで原則転用が可能です。ところが、市街化調整区域にある農地を転用する際の許可は農業委員会の許可が必要になります。

 

農地転用手続き

農地転用をご検討される場合は、先ずはご自身で当該物件ある市町村役場内に設置されている”農業委員会”でご相談下さい。
なかなかご自身では難しそうだとお考えの方、煩わしい作業は弊社にお任せ下さい。

>> 手続きに関して詳しくはコチラ

 

農地転用の許可(法第4条・第5条)

日本国内で、農地を農地以外の目的に転用する場合には、農地法第4条・第5条により、農林水産大臣(原則として4ヘクタールを超える場合)・都道府県知事(4ヘクタール以下)の許可が必要であるとされています。
>> 農地転用の許可(法第4条・第5条)に関して詳しくはコチラ

 

許可基準

農地法では転用許可をするに当たっての基準を定めており、次の立地基準と一般基準を満たさない場合は許可することができないと規定しています。したがって、申請内容が次の「立地基準」および「一般基準」を満たしていることが必要です。
>> 許可基準に関して詳しくはコチラ

 

必要な書類

農地転用の許可申請には様々な書類が必要となります。
>> 必要な書類に関して詳しくはコチラ

 

農地転用の代行・コンサルティング致します。

農地の有効利用に欠かせないのは、"農地転用"です。 つまり、農地を、農地以外の用に供するという手続きです。
農地転用届けを提出して許可が下りれば、農地が農地以外(雑種地や宅地)の地目(土地の利用目的として法務局に登記されている)変更できます。
>> 農地転用の手続き代行に関して詳しくはコチラ


ページトップ ▲