「市街化調整区域の土地」ホームへ > 東京・神奈川の貸地

貸地・資材置き場の賃貸に際して

当サイトでは、神奈川県内・東京都内の”市街化調整区域”の貸地に特化してご案内しております。

神奈川の貸地

横浜・川崎・厚木・相模原の「貸地」をお探しの方は、こちらから >>

東京の貸地

23区内・町田・八王子・調布の「貸地」をお探しの方は、こちらから >>

土地を借りる際のポイント

接道,前面道路の幅員

貸地の価格は、接道状況によるものが殆どです。安い物件は前面道路の幅員が狭い物件が多く、通常2t車が通行する為には4m道路が欲しいところです。大型が頻繁に出入りするのであれば、6mは必要です。トレーラーの出入りが必要な場合はそれ以上が必要です。

地勢

市街化調整区域内の貸し地には、地形の他に地勢の問題が多く見受けられます。つまり、傾斜地が多いということで、注意が必要です。

地目

農地転用をしていない物件は注意が必要です。

周辺環境

実は、貸し地の目的は資材置き場や、重機置き場が多く、周辺に住宅が無いことが要求されるケースが多いものです。その為、周辺に住宅が無いような状況だからといって安価に借りられるものではありません。むしろ、その方が人気が高いのです。

借りる際の注意点

外国人が借りる際の保証人

保証人の要件としては、「日本人であること」、「一定の収入のあること」などが求められます。

残土、産業廃棄物、リサイクル製品置場

騒音、振動、臭い、土壌汚染

周囲や近隣住民などに対して、騒音、振動、悪臭、また土壌汚染などの悪影響を与えると予想される場合は、借りることが出来ない場合もあります。


ページトップ ▲