「市街化調整区域の土地」ホームへ > 市街化調整区域内の土地の有効利用

市街化調整区域内の土地の有効利用

私たちの住む街は、都市計画法という法律によって様々な規制がされ、それをもとに街づくりがなされています。
都市計画により、無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため、用途地域により建築できる建物が決められているわけです。

市街化調整区域の土地の有効利用について

市街化区域に比べ非常に厳しい規制はありますが、法に適合した形を取りさえすれば、現在お持ちの市街化調整区域の土地を有効利用して健全な事業を展開することができます。
>> 有効利用の具体例はこちら

工業団地・流通団地の開発のご提案

10,000坪以上で、周辺環境、道路、上水、下水道の整備の状況から開発可能であること
>> 工業団地・流通団地の開発についてはこちら

特別養護老人ホーム用地募集

現在、東京・神奈川・首都圏を中心に、特別養護老人ホームの建設用地が不足しております。当社にも、多くの社会福祉法人様から、用地を探して欲しいというご依頼を頂いております。社会貢献という部分を含め、是非とも、ご協力頂けませんか?ご協力頂けそうな情報だけでも構いません。
>> 特別養護老人ホームについてはこちら

墓地・霊園開発用地募集

東京・神奈川・千葉・埼玉、首都圏、加えて近畿圏、地方の中心都市で、墓地・霊園・メモリアルパークを開発できる土地を探しています。
お気軽にご相談下さい。
>> 墓地・霊園開発用地についてはこちら

農地転用について

農地転用とは農地を農地でなくすことを言い、農地に区画形質の変更を加え、住宅用地や工場用地、道路や山林などの用地に転換することを言います。
こうした農地転用には許可が必要です。
>> 農地転用の詳細はこちら

市街化調整区域内の建築について

市街化調整区域は、都市計画法に基づき「市街化を抑制する区域」と位置づけられ、基本的に市街化調整区域には築物を建てることはできません。
>> 建築についてはこちら

土地収用法の代替地

公共事業のために必要となる土地がその土地所有者の反対などで取得できない場合、公共事業の実施が遅れ、国民の社会生活に著しい支障をきたす場合があります。
こうした場合、公共事業の円滑な実施と公共の利益の増進を図るため、公共事業施行者が事業に必要な土地を権利者の意思にかかわらず取得できると定めたものが土地収用法であり、そのための手続きが土地収用法で定められています。
>> 土地収用法の代替え地についてはこちら


ページトップ ▲